本文へ

グローバルナビゲーションへ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 知って得する名刺のあれこれ  > 就職活動のマナー  > 名刺交換のマナーについて

名刺交換のマナーについて

最近の就職活動では、特に大学生の就活に名刺を使うケースがとても多くなってきました。
ここでは、名刺交換の基本ルールを踏まえ、相手に好印象を与える方法を紹介します。


目下の者から差し出します

名刺交換は、必ず立ち上がって行いましょう。目下の者から先に名刺を差し出すのがマナーです。
訪問先では、訪問者側が先に差し出すのが基本ですが、訪問者が明らかに目上の場合は、訪ねられた側から差し出しましょう。就職活動においては、相手が目上になるのが通常でしょうから、自分から先に渡すようにようにしましょう。
その際、相手が読み易いように、相手側に向けて差し出し、右手で持って左手は軽く添えて、 氏名を名乗りながら差し出しましょう。

「頂戴いたします」とお礼を述べて受け取ること!

名刺を受け取る時は、まず、左手で受けて右手を添えます。
その際、「頂戴いたします」とお礼を述べて一礼します。
名前の読み方がわからなければ、必ずその場で聞きましょう。
名刺交換のあと、受け取った名刺をテーブルの上に置いたまま話をすすめることがよくありますが、タイミングを見計らい、名刺入れにしまいましょう。
くれぐれも、ポケットやカバンなどに直接しまわないようにしましょうね。

一番初めに交換すべき方を見極めよう!

訪問先の応接室などで、訪問先の方々の登場を待っている時は、入室の順番を気をつけて見ていましょう。
序列があれば、上の人から入室してきます。したがって入室の順番を覚えておけば、どの順番で名刺を差し出せば良いかが判ります。
訪問先の方々が、すでに着席していた場合、席次を見てみましょう。序列があれば、奥から序列が上の人が座るので、奥の人から順番に名刺を渡しましょう。

名刺交換が難しいシチュエーションでは

集団面接などは特にそうですが、個人面接でも、上記のような通常の名刺交換が難しいケースもあります。
その場合は、面接の終了後あるいは、面接の終盤に面接官から「何か質問等ありますか?」などと聞かれた時がチャンスです。
「実は、私は名刺を持っておりまして、よろしければお渡ししたいのですが」と尋ねてみましょう。
相手が名刺をくれるとは限りませんので、名刺交換とはならない場合も少なくないと思いますが、他の応募者よりも強い印象を残せることは間違いないでしょう。

ご質問・お問い合わせ等について

ご注文から、作成、印刷、発送、お支払いまでどのようなことでもお気軽にご相談ください。

TEL 053-459-1703

受付時間 9:00~18:00(土・日祝を除く)

FAX 053-459-1701

(FAX注文用紙(192KB/PDF)

メール meishi@asobou.co.jp

お問い合わせ・見積もり依頼フォーム

名刺の再注文はこちら

株式会社 アーティス 
〒430-7720 静岡県浜松市中区板屋町111-2 浜松アクトタワー20階

TEL:053-459-1703 FAX:053-459-1701 Mail:meishi@asobou.co.jp
お問い合わせ・見積もり依頼   名刺の再注文はこちら

【業務内容】アーティス名刺工房は、名刺の作成・印刷を行う名刺専門店です。
こだわり抜いたデザインで、皆様の大切な名刺を作成いたします。即日発送も可能です。

このサイトのフォームは、プライバシー保護のためSSL暗号化通信を採用しています。どうぞご安心してご利用ください。

当ウェブサイトの制作は株式会社アーティスが行っております。 当サイト内のデザイン、HTML記述、画像、文章等の著作権は、株式会社アーティスに帰属します。無断掲載、模倣、複写を禁じます。

Copyright© Artis All Rights Reserved.