本文へ

グローバルナビゲーションへ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 名刺コラム  > 【名刺コラム】フォント(書体)~和文書体・欧文書体~

【名刺コラム】フォント(書体)~和文書体・欧文書体~

以前『【名刺コラム】フォント(書体)について考えてみよう!』を書きましたが、
フォント(書体)には「和文書体」「欧文書体」があることをご存知でしょうか?
日本語の漢字、ひらがな、カタカナ、英数字、一部の記号に対応しているのが「和文書体」、
英数字と、一部の記号に対応しているのが「欧文書体」になります。
今回は、名刺におけるフォント(書体)について調べてみました。

和文書体

日本語の漢字、ひらがな、カタカナ、英数字、一部の記号に対応していて
代表的なものに「明朝体」や「ゴシック体」「丸ゴシック体」「楷書体」などがあります。
文字は正方形の中に1文字ずつ入るように作られています。
書体によっては、そのままでは間延びした印象になってしまう為、
アーティス名刺工房では、文字間の調整をさせていただいています。

和文書体

使用書体:ヒラギノ丸ゴシック体

欧文書体

英数字と、一部の記号に対応していて、文字は5本の基準線にそって作られています。
■アセンダーライン:l(エル)などのアセンダーと呼ばれる上部の垂直な線の高さの基準
■キャップライン:大文字などの最も高い位置の基準
■ミーンライン:mなどの小文字の高さの基準
■ベースライン:すべての文字の基準
■ディセンダーライン:g、pなどのベースラインより下に伸びるディセンダーと呼ばれる線の基準

欧文書体

使用書体:Times New Roman
欧文書体は、和文書体と違い文字の幅が文字ごとに違います。

欧文書体2

使用書体:Times New Roman

名刺のフォント(書体)を変更

「和文書体」「欧文書体」それぞれの特徴があり、文章を書く場合には、漢字、ひらがな、カタカナは「和文書体」、
英数字は「欧文書体」を使用することが見栄えがいいと一般的に言われています。
「和文書体」「欧文書体」を組み合わせた時、違和感がなく見せるポイント
・類似書体を使用する
・文字の太さを同じぐらいに
・文字の大きさを同じぐらいに
名刺ではどのようになるのか比べてみました。
名刺は文章ではない為、英数字のみ変更しても大きな差はないようですが
名刺全体のフォント(書体)を変更したり、お名前だけ書体を変えてみると印象的な仕上がりになります。

アーティス名刺工房では、フォント(書体)のご変更は無料で行っています。
フォント(書体)一覧よりご希望のフォント(書体)をお選び下さい。
ご注文フォームの選択欄では「和文書体」と「欧文書体」を
それぞれお選びいただくことができない為、お手数ですが
備考欄へ「和文書体○○番」と「欧文書体△△番」希望とご入力をお願いします。
修正は「印刷OK」のご返事まで何度でも可能ですのでお気軽にお申し付け下さい。

*2017/11/27時点の情報になります

ご質問・お問い合わせ等について

ご注文から、作成、印刷、発送、お支払いまでどのようなことでもお気軽にご相談ください。

TEL 053-459-1703

受付時間 9:00~18:00(土・日祝を除く)

FAX 053-459-1701

(FAX注文用紙(192KB/PDF)

メール meishi@asobou.co.jp

お問い合わせ・見積もり依頼フォーム

名刺の再注文はこちら

株式会社 アーティス 
〒430-7720 静岡県浜松市中区板屋町111-2 浜松アクトタワー20階

TEL:053-459-1703 FAX:053-459-1701 Mail:meishi@asobou.co.jp
お問い合わせ・見積もり依頼   名刺の再注文はこちら

【業務内容】アーティス名刺工房は、名刺の作成・印刷を行う名刺専門店です。
こだわり抜いたデザインで、皆様の大切な名刺を作成いたします。即日発送も可能です。

このサイトのフォームは、プライバシー保護のためSSL暗号化通信を採用しています。どうぞご安心してご利用ください。

当ウェブサイトの制作は株式会社アーティスが行っております。 当サイト内のデザイン、HTML記述、画像、文章等の著作権は、株式会社アーティスに帰属します。無断掲載、模倣、複写を禁じます。

Copyright© Artis All Rights Reserved.