本文へ

グローバルナビゲーションへ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 名刺コラム  > 【名刺コラム】フォント(書体)について考えてみよう!

【名刺コラム】フォント(書体)について考えてみよう!

普段何気なく、看板、書籍など様々な場所でフォント(書体)を目にしていると思いますが、
今回は、名刺作成時でのフォント(書体)についてご紹介します。
PCサイトのご注文フォームでは、フォント(書体)のご変更が可能ですが、
90%ぐらいの方が「サンプル通り」を選ばれます。
サンプルは、デザインに合ったフォント(書体)で作成していますが、
ご職業によっては、よりぴったりな名刺が出来上がるかもしれません。

フォント(書体)のイメージ

ここでは、異なる3つのフォント(書体)で比べてみましょう。

明朝体 印刷において標準的な書体。上品なイメージ
教科書体 小学生が字を書くお手本になるよう手書き文字に近い書体。やわらかなイメージ
ゴシック体 縦横の太さが均等なのが特徴。力強いイメージ

記載内容は同じでも雰囲気が随分変わりますね。
ご職業やお客様のイメージに合った書体へ変更してみましょう。
3パターンぐらいであれば、同時にご確認いただくこともできます。

文字の大きさについて

名刺は意外と小さいです。
お渡しする方に高齢者が多いご職業の方は「見えづらい」と思われないように文字の大きさを注意してみましょう!
全体的に大きくしたり、スペースがなければ、名前、電話番号だけを大きくしてみましょう。
介護関係の名刺は、裏面に電話番号のみ大きく載せる方も多いです。
あと、ローマ字ではなく、ひらがなのふりがなをつけると読みやすくなります。
記載内容も少なめにすることがポイントです。

フォントによる画数の違い

書体によって2つの十字の横画をつなげた「3画のくさかんむり」と間を開ける「4画のくさかんむり」があります。
「菅」でイメージを見てみましょう。

どちらも間違いではないのですが、ご希望で、「4画のくさかんむり」→「3画のくさかんむり」へ修正することもできます。
(書体によって、修正できない場合は、書体のご変更をお願いする場合もございます。)

■4画のくさかんむりになるもの
和文書体15 隷書体極太字
和文書体16 唐風隷書体
和文書体21 ペン字体
和文書体27 龍門石碑体

フォント(書体)の変更方法

■ご注文時にご依頼
フォント(書体)一覧で確認する。
 *当店では、和文書体=31種類 欧文書体=30種類をご用意しています。
 *欧文書体では日本語を利用できません。あらかじめご了承ください。

②名刺作成フォーム「STEP3 用紙・書体・枚数選択」画面で、ご希望の書体をお選び下さい。

■レイアウト確認時にご依頼
「和文書体01:明朝体太字」等、ご希望の書体をメールでご連絡をお願いします。

今回は、フォント(書体)について記載しましたが、「フォント(書体)がちょっと気になってきた」という方には、
Androidアプリに『絶対フォント感』というアプリがあり、ゲームでフォント(書体)が覚えられるようですので、
興味があれば試してみたらどうでしょうか。
*当社の作成アプリではありません。インストール等は自己責任にてお願いします。

2015年5月25日

ご質問・お問い合わせ等について

ご注文から、作成、印刷、発送、お支払いまでどのようなことでもお気軽にご相談ください。

TEL 053-459-1703

受付時間 9:00~18:00(土・日祝を除く)

FAX 053-459-1701

(FAX注文用紙(192KB/PDF)

メール meishi@asobou.co.jp

お問い合わせ・見積もり依頼フォーム

名刺の再注文はこちら

株式会社 アーティス 
〒430-7720 静岡県浜松市中区板屋町111-2 浜松アクトタワー20階

TEL:053-459-1703 FAX:053-459-1701 Mail:meishi@asobou.co.jp
お問い合わせ・見積もり依頼   名刺の再注文はこちら

【業務内容】アーティス名刺工房は、名刺の作成・印刷を行う名刺専門店です。
こだわり抜いたデザインで、皆様の大切な名刺を作成いたします。即日発送も可能です。

このサイトのフォームは、プライバシー保護のためSSL暗号化通信を採用しています。どうぞご安心してご利用ください。

当ウェブサイトの制作は株式会社アーティスが行っております。 当サイト内のデザイン、HTML記述、画像、文章等の著作権は、株式会社アーティスに帰属します。無断掲載、模倣、複写を禁じます。

Copyright© Artis All Rights Reserved.