本文へ

グローバルナビゲーションへ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 名刺コラム  > 【名刺コラム】画像の基本 解像度・画素数・dpiについて理解しよう!

【名刺コラム】画像の基本 解像度・画素数・dpiについて理解しよう!

PCモニターやスマホの画面上で画像データを見る際、
高画質でキレイな画像や低画質で粗い画像など、
様々な画質のデータがあります。

『画像の解像度が高いほど、高画質でキレイである。』と言われていますが、
そもそも「解像度」とはどういった数値なのでしょうか?
本コラムでは、解像度のイメージを画像を用いてご説明していきたいと思います。

画素(ピクセル)とは?

画面上の画像データはすべて、小さな「四角」がたくさん集まることにより
1つの画像として構成されています。

画像を構成する最小単位である「四角1個」のことを、

1ピクセル(pixel) = 1画素 = 1ドット(dot)

と呼びます。

カメラの性能を表すのに、「画素数: ○○万画素」などといった表記をしますが、
これは1枚の写真の中に、「1画素」の四角を合計何個記録できるのか、を表しています。

例えば、「画素数: 800万画素」のカメラの場合、
タテ: 4,000画素 × ヨコ: 2,000画素 = 合計: 8,000,000画素(800万画素)

といった計算になります。
※タテヨコ比は実際のものとは異なります。

画素数が多ければ画質がよいのか?

「画素数: 何万画素」の表記だけでは、厳密に言えば画質のきれいさを表しません。
理由は、「画素数の表記だけでは実際の寸法がわからないから。」です。

あるデータの画質を考えるとき、
よりギッシリと画素を詰め込んでいるデータの方が、
より高画質だと言われています。

つまり、同じ寸法のデータだったら、より画素数の大きいデータの方が、
よりギッシリと画素を詰め込めるため、より高画質です。

また、同じ画素数のデータだったら、より小さな寸法である方が、
よりギッシリと画素を詰め込めるため、より高画質です。

解像度とは?

前項で、よりギッシリと画素を詰め込んでいる方が高画質だとご説明しました。

あるデジタルデータが、「どれぐらいギッシリ画素を詰め込んでいるのか?」
これを数字で表すのが「解像度」です。

解像度を表す単位としては、一般的に
Dots Per Inch (ドッツ パー インチ)、略して「DPI」が広く知られています。

DPIの意味は「1インチ(≒25.4㎜)の中に、どれくらいギッシリと画素を詰め込んでいるのか?」
ということになります。

上の画像で、1インチ(≒25.4㎜)の1辺の中に1ドットの点が
10個配置されているものが10dpi、
20個配置されているものが20dpiです。

20個配置されている方が、
1インチの1辺の中に、よりギッシリと画素が詰め込まれているため、より高画質です。

つまり、10dpiよりも20dpiの方が高画質
と言うことができます。
本コラムでは解像度(DPI)の定義についてご説明しました。
次回のコラムでは、印刷する際に適したDPIと、そのために必要な画素数について考察したいと思います。

以上、名刺コラムでした。
2016年9月1日

ご質問・お問い合わせ等について

ご注文から、作成、印刷、発送、お支払いまでどのようなことでもお気軽にご相談ください。

TEL 053-459-1703

受付時間 9:00~18:00(土・日祝を除く)

FAX 053-459-1701

(FAX注文用紙(192KB/PDF)

メール meishi@asobou.co.jp

お問い合わせ・見積もり依頼フォーム

名刺の再注文はこちら

株式会社 アーティス 
〒430-7720 静岡県浜松市中区板屋町111-2 浜松アクトタワー20階

TEL:053-459-1703 FAX:053-459-1701 Mail:meishi@asobou.co.jp
お問い合わせ・見積もり依頼   名刺の再注文はこちら

【業務内容】アーティス名刺工房は、名刺の作成・印刷を行う名刺専門店です。
こだわり抜いたデザインで、皆様の大切な名刺を作成いたします。即日発送も可能です。

このサイトのフォームは、プライバシー保護のためSSL暗号化通信を採用しています。どうぞご安心してご利用ください。

当ウェブサイトの制作は株式会社アーティスが行っております。 当サイト内のデザイン、HTML記述、画像、文章等の著作権は、株式会社アーティスに帰属します。無断掲載、模倣、複写を禁じます。

Copyright© Artis All Rights Reserved.