本文へ

グローバルナビゲーションへ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 名刺コラム  > 【名刺コラム】裏面を活用しよう!

【名刺コラム】裏面を活用しよう!

名刺には片面印刷と両面印刷の2種類がありますが、皆さんはどちらの名刺をお持ちでしょうか。

名刺は受け取った方に高い確率で見てもらえるという大きな強みを持っています。

片面印刷でスッキリとまとめて、シンプルな仕上がりにしたいという方も
多くいらっしゃるかと思いますが、
裏面を上手く活用することで、名刺を今よりももっとビジネスに役立てることができるかもしれません。

以下、裏面をどのように活用するのか、代表的な使用例をご紹介したいと思います。

表面と同じ内容を英語で

外国の方と名刺交換を頻繁にされる方には
裏面に英語バージョンを印刷することは
必須かもしれません。

名刺を交換する相手によって使い分けることで
円滑にコミュニケーションがとれます。

英語での表記の仕方は、一般的な表記方法を
こちらのページでご紹介しておりますので
ご覧くださいませ。

ただ、使うシチュエーションが限られている分、
外国の方と名刺交換をする機会のない方にとっては、
あまりメリットがないかもしれません。
英語表記の名刺は、それだけで見た目がカッコイイのですが、
他にも、裏面の活用方法はたくさんあります。

案内・広告として使う

冒頭でも書いたとおり、名刺は
受け取った方に高い確率で見てもらえるという
大きな強みを持っています。

企業理念や事業案内、経歴や資格情報を載せることで
自分が信頼に値する人物だということを
アピールすることができます。

また、商品・サービスの情報や、
地図やお店へのアクセス方法を載せることで
チラシやDMよりも高確率で見てもらえる広告媒体にもなります。

相手との距離を縮めるために使う

裏面に仕事以外のプロフィールを載せる使い方もあります。
例えば、趣味や好きな食べ物、座右の銘や
一言メッセージなどを入れる方が多いです。

共通の話題を持つことで、相手に親近感を
持ってもらうことが期待できます。
親近感を持ってもらう方が、仕事の話も
よりスムーズに進められるかと思います。
営業職や個人経営の事業主様には特におすすめです。

顔写真を入れることでより一層インパクトを持たせる
こともできます。

メモ欄として使う

裏面に罫線を引いて手書きで
書き込めるメモ欄にすることもできます。
日本人は特に、名刺に書き込むことを
遠慮しがちになるそうですが、
携帯の番号などは、その場で名刺に書き込んでしまった方が
後で整理するのに楽だと思います。
メモ欄を設けることで、相手にとっても使いやすい名刺に
なるかもしれません。

番外編 「10円玉名刺」

30年ほど前、名刺に10円玉を貼り付けて
渡すのが流行ったそうです。
「10円玉名刺」には2つの意味が
込められているそうです。

・御縁(5円)と御縁(5円)で
重縁(10円)となりますように、という願い

・何かあったらこの10円で
お気軽にご連絡ください、というメッセージ

当時は携帯電話が普及していなかったため、
出先での連絡手段は公衆電話(1回10円)のみでした。

10円玉名刺は携帯電話の普及と共に消えてしまったそうですが、
日本人らしい気遣いの心と、洒落の利いた言葉遊びがあらわれています。
とても有効な裏面の活用法ですね。



みなさんも名刺の裏面に何か記載されてみてはいかがでしょうか。
名刺をもっとビジネスに役立つように出来るかもしれません。

2015年6月4日

ご質問・お問い合わせ等について

ご注文から、作成、印刷、発送、お支払いまでどのようなことでもお気軽にご相談ください。

TEL 053-459-1703

受付時間 9:00~18:00(土・日祝を除く)

FAX 053-459-1701

(FAX注文用紙(192KB/PDF)

メール meishi@asobou.co.jp

お問い合わせ・見積もり依頼フォーム

名刺の再注文はこちら

株式会社 アーティス 
〒430-7720 静岡県浜松市中区板屋町111-2 浜松アクトタワー20階

TEL:053-459-1703 FAX:053-459-1701 Mail:meishi@asobou.co.jp
お問い合わせ・見積もり依頼   名刺の再注文はこちら

【業務内容】アーティス名刺工房は、名刺の作成・印刷を行う名刺専門店です。
こだわり抜いたデザインで、皆様の大切な名刺を作成いたします。即日発送も可能です。

このサイトのフォームは、プライバシー保護のためSSL暗号化通信を採用しています。どうぞご安心してご利用ください。

当ウェブサイトの制作は株式会社アーティスが行っております。 当サイト内のデザイン、HTML記述、画像、文章等の著作権は、株式会社アーティスに帰属します。無断掲載、模倣、複写を禁じます。

Copyright© Artis All Rights Reserved.